HOME > 治療方針

治療方針

当院の治療方針について

当院は、中国伝統的医学に基づいた気功鍼治療方法で、様々な疾病の治療をおこなっております。中国鍼を使用した伝統的中国鍼灸です。
中国伝統的医学による診断方法の四診合参(ししんがっさん)望・聞・問・切の4つの診断により得られた情報に基づき八綱弁証(はっこうべんしょう) 陰陽 虚実 表裏 寒熱で患者様の状態を把握し、治療をすすめていきます。


四診合参(ししんがっさん)とは
望、聞、問、切、4つの診断方法のことをいいます。

望・・・見る
歩く姿や顔色、髪の毛のつや、皮膚の様子などを見ます。
また舌を見ることによって多くのことがわかります。

聞・・・聞く
患者様の声を聞きます。声の大きさ、かすれ具合など。
また聞では「嗅ぐ」ことも表します。においでわかります。

問・・・問診
医師から患者様に質問をします。生活習慣から自覚症状、
家族の病歴にいたるまで細かく質問します。

切・・・切診
触診、按診を表します。触ったり圧したりすることで
状態がわかります。脈診も切の重要な診断方法です。


八綱弁証(はっこうべんしょう)とは
陰陽、虚実、表裏、寒熱、8つの対立概念に分類する診断方法のことをいいます。

陰陽・・・
体全体を陽の部位分と陰の部位に分けて考えると、
上が陽、下が陰、すなわち背と頭や顔が陽で、胸や腹が陰となります。
内が陰、外が陽であるから、内臓が陰で、皮膚や髪の毛などは陽と区別します。

表裏・・・
陽の部位を「表」、陰の部位を「裏」と考えます。
陰陽で体全体の状態がわかり、表裏で病気の進行状態がわかります。

寒熱・・・
顔色が青白かったり、手足が冷たいような人を「陰」とします。
普段から熱っぽく、顔色も赤くほてった感じの人を「陽」とします。
同じ病気になっても陰と陽では症状が違います。
陰の人の病性を「寒」、陽の人の病性を「熱」として区別します。

虚実・・・
虚弱体質で病気に対する抵抗力も乏しく、なかなか病気が治りにくい、
このようなタイプの人は「陰」であり「虚」と言います。
反対に筋肉質で体はガッチリ型、病気と激しく戦い、やがて時が来れば
治りやすい、このようなタイプの人は「陽」であり「実」と言います。

八つの文字があるから八綱というのではなく、表裏、寒熱、実虚の組み合わせで、
重要なパターンが8パターンあるため八綱と呼ばれます。

治療方法について

伝統的中国鍼灸、推拿、中国気功、吸い玉、電気鍼、頭皮鍼、耳鍼、痩身鍼、美顔鍼、小児鍼、小児推拿、中国気功整体、中国式足底按摩など中国伝統の治療方法によって、解決に導きます。

この写真は、「痩身鍼」の治療をしているところです。この男性は長年「肥満と高脂血症」でお腹が大きく膨らみ、20年ほど、大変苦しんでおられました。この治療方法「痩身鍼」で治療を始めました。ほぼ毎日治療をして、約3ヶ月でお腹は小さくなりました。

キャッチコピー

李文灸院
〒546-0014 大阪府大阪市東住吉区鷹合2-17-28
TEL:06-06-7580-1850-8379
営業時間9:00〜19:00

当院案内

李文鍼灸院
〒546-0043
大阪府大阪市東住吉区
駒川4-1-8 松岡ビル602
TEL:080-32416818
       06-6629-8818

大阪の李文鍼灸院です。女性院長の中国鍼。

電車でお越しの方
●地下鉄谷町線「駒川中野」下車、1番出口より西へ2分
●近鉄南大阪線「針中野」下車、1番出口より北へ7分

アクセスマップ