広島県広島市中区江波西   田中様(男性)

平成23年9月12日来院

主訴:全身の掻痒感(そうようかん)
20年位前より掻痒感があったが、8年前より特に気になりだした。
この2・3年、特に、痒みが強くなる。

病院での診断:慢性蕁麻疹  抗アレルギー剤(レスタミンU)処方 効果なし。
中国へ治療に行ったものの、言葉の壁があり、意思疎通ができず治療を断念。
日本で治療できるところを検索、当院をゲット。当院へ来院。

治療開始、最初、週3回の治療を2週間。その後、週2回の治療を続行。2ヶ月後来院時『この2週間薬を飲んでいない、痒みも出ていない。』との事。月1回の治療に切り替え。
平成24年1月24日 治療期間4ヶ月余り、治療終了。

近年、田中様曰く, 『治療していただいて、今は、痒みは全然出ていません。蕁麻疹、改善しました。とても嬉しく、感謝しています。』 との事です。